ご相談・お問い合せ 全国商工団体連合会大阪商工団体連合会民商婦人部 大商連青年部協議会

堺南民商へようこそ!
このホームページは税金や金融をはじめ中小零細業者の暮らしを守る民商の活動の紹介を目的として運営します。あなたも暖かく頼もしい民商の仲間になりませんか?

税金は・・事後調査対策は

税金は・・事後調査対策は
税金の歴史は、国家の歴史とも言われています。国家が出来上がる中で、時の権力者が国民から集めるのが税金です。問題は「その集め方と使い方」がどうなっているかです。
民商は、税金の集め方についての提言(納税者権利憲章)を出しています。それは日本国憲法の精神を税制に活かすことです。

①税金は能力に応じて負担する・・憲法13条・14条・25条・29条

憲法は個人の尊重、幸福追求権(13条)を保障し、国民一人ひとりがかけがえのない存在であると定めています。さらに法の下の平等(14条)を明記し、社会的身分や経済的関係などによって差別されないとしています。税制は憲法の原則から、負担能力に応じて累進的に課税すべきことが求められます。所得の低い者には軽く、高い者には重い負担にする。これを応能負担原則といい、最低限度の生活保障(25条)とも結びつきます。財産権の保障(29条)は、個人の生存的財産が基本的人権として守られることを意味します。財産権は、大企業や大金持ちが自由に行使する一方、庶民の権利が侵される不合理のないよう、自由経済の弊害をとりのぞく考え方に立ち、投機的土地・株式のような非生存的な財産権は「公共の福祉」のために制限するよう定めています。

②生活費には課税しない・・憲法25条・・消費税は憲法違反では?

憲法は、国民に最低限度の生活(25条)を保障するよう国の責任を定めています。このために税制は、少なくとも生活費には税金をかけないこと(生活費非課税)が必要です。しかし、現行の所得税及び住民税の課税最低限は、実際の生活費ばかりか、生活保護基準より低いものとなっています。従って、消費税は廃止すべきと考えます

③税額は本人の申告で・・憲法前文・11条・13条・14条

税法は「納税すべき税額が、納税者のする申告により確定することを原則とする」という申告納納税制度となっています。申告納税制度は、主権者である国民が自己の税金を計算し、申告し、納税することを通じて政治に参加する、という理念を持っています。
以上の観点から、私たちは税務署への対応(事後調査対策)や申入れをしています。

①集団申告

民商では、支部や班での申告相談を行い、提出は毎年3月13日(閉庁日は変更)にみんなで申告書を提出します。

②収支内訳書の提出強要やお尋ねには応じる必要はありません。

税務署は白色申告者に「収支内訳書」の提出を強要したり、各種「お尋ね」文書を頻繁に送りつけています。このような文書には法的は裏づけはなく、応じる義務はありません。また法人事業者に「法事事業概況書」の提出を迫っていますが、提出しなくても罰則はありません。

③税務調査には毅然と対応

税務署員が突然訪れ、営業中にも関わらずレジや現金を調べる「脱税犯」扱いの調査や7年分も遡って修正申告を強要したうえで、重加算税を課すなどの強引な調査が横行しています。民商では、税金対策会議や調査での立会いを求めて運動をしています。税務署員が調査を行いのは、所得税法234条の「・・必要があるときは調査することが出来る」という法律です。私たちはその必要性を質問し、調査に臨みます。

▲ページTOPへ戻る

  • このページを印刷する
  • 知り合いにこのページを紹介する
  • 民商を紹介する