商工新聞 bot
民商事務局

メールを送る
HPを見る

ただいま準備中

商工新聞 bot

みんなでワイワイと学習交流しました![泉州北ブロック青年部]


4月21日、堺東民商で泉州北ブロック青年部会議が行われました。
今回は、確定申告が終わってから初めての部会ということもあり、税金についての学習交流会も行いました。はじめの自己紹介から終始爆笑につぐ爆笑でした。

税制の学習交流では、事務局がポスターも使い税制の問題点を説明。
部員さん同士の意見交換では、「青色」と「白色」のメリットやデメリットの話や、法人成りを考えているなら、会計ソフトを使い複式簿記で記帳する方がいいなどの、体験談も出されました。

堺北の中山雄一さん(中古ゲーム販売業)は、これからパソコン記帳を始めようという部員さんに、「最初は勘定科目の意味さえ分からず、1か月分を入力するのに3時間ぐらいかかっていたが、今は当時の何倍も商売が大きくなったのに、入力時間は30分程度になったよ。最初の1年をがんばったら後の10年が楽になる。それに、家でやらず毎月民商事務所で入力するようにして、伝票をためない事も大事だと思う。わからない事はいつでもすぐに聞くことができるので」とアドバイスも。

堺南の大下雄平さん(建設業)は「業種は違っても、同じような状況の人の話が聞けてよかった。これからの方向性が決まった」、和泉高石の狩野輝幸さん(飲食業)は「白色と青色の違いが分かった。法人化は全く頭になかったけど、ひとつの選択肢になった」等の感想を出し合いました。

林 俊一(堺南)

2015年05月27日 16:32:53


<< 前のコラムへ | 次のコラムへ >>

  • このページを印刷する
  • 知り合いにこのページを紹介する
  • 民商を紹介する